お菓子・パン教室や家で作ったもの


by geyamio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:パン教室( 3 )

2種のパン

載せ忘れてました

1月に行ったパン教室。
比較的近くの教室なので 気楽な気分で行けます。

ベースはジャパンホームメイド(だと思う。)何とかの教室で
単発で 先生が考えられたメニューで募集をされます
初めてなのでドキドキでしたが とても気さくな先生で
ご一緒した方も初めてこられたので 同じような緊張で始まりました。


醗酵バターを使った食パンとチョコレートを練り込んだ生地で作る
チョコレートグフロフ。
食パンは自分でパンを捏ねるところからします
ベーカーズの説明から型の説明 型と生地量のことも細かにお話してくださいます
そのときに気がついたのですが そんなに型の容量と生地量のバランスが大切なの?と
自分のアバウトさにへこみました。
ご一緒した方はなれてらっしゃっていて 上手にこねられてました。
出来上がりの生地が違うのもびっくり。 醗酵のふくらみ具合も。
生地の温度もすごく気を使ってらっしゃいました。 
グフロフはこねあがった生地が用意されてました。 チョコとオレンジピールの練りこみ方と成型の仕方を これまた丁寧に指導してくださいます。

スープの作り方 チョコフィナンシェも教えてもらい 焼き上がったパンのいいにおいに
お腹もグーーーです

出来上がったパンなどをセッティング。

e0165570_22593226.jpg


いただくパンは先生の作られたパンを食べます。
これってうれしいです。 基本となる味が味わえるから。
先生の作った食パンは私のパンより1.3倍の釜伸び。
なんでー?(当たり前笑) 先生のは機械で捏ねた生地だそうで
やはり 捏ねって大事なのねー
醗酵バターの匂いと ふんわりふかふかの味わいのあるパン。
チョコレートグフロフもおいしい。

e0165570_22594776.jpg


フィナンシェもおしゃれに盛って(初めてした たのしい)
e0165570_230281.jpg


とても内容の濃いレッスンでした。
先生ともう一人の方と お菓子・パン教室についてすっごく盛り上がった
もう一人の方はパン教室に通ったことがあるらしく お話が面白かったです
いろいろ通うと 自分に合うとかそういうのがよくわかるようになるらしい
ここの先生はお人柄がとてもよく 先生と楽しい時間を過ごすために通われてる方も多いと思います

ただ最後にブルーな気持ちになったのが・・・・
駐車料金が思っていたのより倍で お金を払うときに3度見くらいした(笑
次回行くときは 母に上げた自転車を返してもらい(つかってないので) 必死にこいで行こう。
でも 自転車乗るの何年ぶり?
[PR]
by geyamio | 2009-02-19 19:24 | パン教室

お初!パン教室

ABCクッキングスクールに体験レッスンしてから パン教室へ行きたい熱は高まり
一年ほど前からチェックしていた教室の体験レッスンへ行ってきた日のことを書きます
車で40分かかるからとかパーキング代がかかるからと 敬遠していたのですが
思い切って申し込みました。シュトーレンを習ったところです

先生はとても物静かな方で ちょっと緊張しました。
一から丁寧に指導してくださいます

リング型のチーズパン。 チーズがゴロゴロ入っていて贅沢です
習ってわかったのですが 家で焼くパンが次の日に固いのは
オーブンのせいもあるかも知れませんが どうやら醗酵させしすぎていたかも・・・

焼きあがったパンはとても綺麗で ふんわり。
いいにおいにつまみ食いしたい欲求をぐっと我慢して
持ち帰りました。 冷めてから食べてみました すごくおいしい。
あと2日に分けて食べましたが 最後までしっとりふんわりとおいしかったです!
e0165570_21161113.jpg

[PR]
by geyamio | 2009-01-12 15:09 | パン教室

シュトーレン

今日はパン教室へいきました。
12月ということで 特別メニューのシュトーレンのコースがあったので
すぐに申し込みました。

朝耳鼻科へ行ったら 混んではいないのですが
終了したのが 教室が始まる10分前
ここから教室まで40分・・・・ 大遅刻していきました。

ここの教室のスタイルは 2名までの少人数制
一人が指導を受けて作っている間 もう一人は見ている
醗酵している間にもう一人が作るというタイムスケジュール
作りたいパンを申し込みのときにリクエストして選べるので
2人いても同じパンではない。 
e0165570_0181817.jpg


到着したときにはもう一人の方が丁度こね終わったときでした
すぐに私もスタート。

今日は糖度が高シュトーレンなので 生イーストを使い
中種を使って作りました。
中種は先生が作っておいてくださったので
計量→捏ねとなりました。

中種以外は一切水分を入れないのですが バターが大量なので
ベタベタまではいかないけど かなりしっとりした生地に。
インスタントコーヒーの大きな瓶に半分入った ドライフルーツを
たっぷり入れてこねて 一次醗酵

すごい量のフルーツです。 あれほど入れないと フルーツたっぷりの
シュトーレンにはならないのですね。
少ないとパン!って感じになるらしいです。

醗酵が終わると 一回りぷっくりとなってました。
成型 二次醗酵して焼きました。

もう一人の方のパンも(違うパンを製作してらっしゃった)順調に
出来上がって すごく美しいパンが焼けていた。
違うパンの製作順序を見せてもらえたので もう一つパンの作り方を
教えてもらったようなものです。

焼いている間に先生お手製のお菓子を出してもらえます
今日のお菓子は ガトーショコラ。
お皿もクリスマスです。
e0165570_020261.jpg


こちらも焼き上がり ここでまた大量の溶かしバターを塗る
塗っても塗っても吸い込むシュトーレン
e0165570_019736.jpg

しっかり冷ましたら砂糖をまぶして 包む。
が、
なかなか冷めない。 先生とお話をしながら待っても
完全には冷めなかったので 一つだけ砂糖をまぶして もう一つは
家ですることになった。 やってみると簡単だけど 教えてもらわないと
これでいいのか?って不安が残るので 指導してもらった。
やっぱり教えてもらってよかった。

残りを家でやってみました

e0165570_021882.jpg

きび砂糖を全体にまぶして


e0165570_0225892.jpg

粉砂糖を振って

e0165570_0231596.jpg

包みます


e0165570_0233164.jpg

今回はラッピング材料もついていて 先生が包んでくださったシュトーレンです

作ってみれば結構簡単なのですが なかなか手が出なかったシュトーレン。
今回メニューにあってよかった~~

これで 去年シュトーレンを作ろうと漬け込んでいた
ドライフルーツの出番が来ます。
いくつか作って プレゼントしよう♪

最低1週間は寝かさなければならないので 
指折り数えて待とう。
[PR]
by geyamio | 2008-12-03 00:29 | パン教室